<

 

 プロフィール

 

 大路和子 (おおじ かずこ)  

 1935年 和歌山県で生まれる。
  慶応義塾大学文学部卒。元予備校英語講師。
瀬戸内寂聴氏に師事し、亡夫は時代考証家の稲垣史生。
和歌山県生まれのため紀州の人物に材をとった歴史小説が多い。本名稲垣和子、ペンネームは大路和子。
出版記念パーティーの発起人は、瀬戸内寂聴氏、
南条範夫氏、早乙女貢氏、尾崎秀樹氏。

昭和54年(1979)    第五回 日本旅行記賞  佳作入選  日本交通公社
 昭和57年(1982)    第六回 歴史文学賞    佳作入選  新人物往来社

  以下、主な著書共著
【著書】
「清姫物語」」        (新人物往来社)                   1984年
               (PHP研究所 文庫版、切り絵付)         1994年
「沖田総司を歩く」     (新人物往来社)                   1989年
                  (新潮社文庫)                    2003年
「芋よ」 これはただものではない  (農文協)                 1990年
「徳川吉宗をめぐる女たち」  (新人物往来社)                1995年
「蒲生氏郷の妻」      (成美堂出版)                    1997年
「補陀落山へ」       (新人物往来社)                   1999年
「相思空しく、陸奥宗光の妻 亮子」 (新人物往来社)            2006年

【共著】
「坂本龍馬 海援隊士列伝」                            1988年
「龍馬暗殺の謎を解く」         (新人物往来社)            1991年
「妻たちの忠臣蔵」            (新人物往来社)            1991年
   同新装版                                     1998年
「海援隊士列伝 龍馬と駆け抜けた男たち」                   2010年
「新撰組隊士 秘話」   (沖田総司)  (新人物往来社)
「日本仁医物語」 近畿編   志村有弘編  国書刊行会    その他

【代表作 時代小説】  日本文芸家協会
「鳥葬の村」        小説新潮                        1986年
   同再収録       小説新潮                        1990年
「細川越中守殿」     小説新潮                        1995年
「和佐大八郎の妻」    小説新潮                        1996年
「巫女の海」        小説新潮                        2004年

【時代小説傑作選】  日本文芸家協会  小説新潮掲載分
「星明かり夢街道」     黒い波濤       (光風社文庫)        1985年
「剣よ 月下に舞え」   熊野無情       (光風社文庫)        1987年
「剣の意地 恋の夢」  化縁つきぬれば   (講談社文庫)        2000年
「紅葉谷から剣鬼がくる」 和佐大八郎の妻  (講談社文庫)        2002年
「愛染夢灯籠」      雪の音         (講談社文庫)         2005年

【雑誌掲載】
小説新潮、歴史読本 歴史と旅、旅(交通公社)、企画物その他。
朝日新聞、読売新聞、農業新聞その他。エッセイ多数。

                                (トップへ戻る)
                                 (講演会のトップへ戻る)

 

 Copyright (C) 2012 ksatou.com All rights reserved